まくらにノート

らく家事で生まれたスキマ時間でカラダとココロを整えて、睡眠と休息も大切にするアフィリエイト主婦の雑記ブログ。

ブログの書き方のコツはチェックリストの順番に淡々と。

ブログ記事、わたしの書き方のコツはチェックリストで淡々と。

ブログ記事の書き方、コツは手順をチェックリストで淡々と。

こんなことありませんか。

さあブログ書くぞとパソコンに向かう。

何からすればいいのか分からない。

情熱が空回り。

はかどらずに時間がすぎてく。

わたしがそうでした。
そこで手順をまとめてチェックリストを作りました。

パソコン横のブログ記事作成チェックリスト

ブログ記事作成チェックリスト。B5サイズ。横に広げたり、半分に折ったり。

一覧にしたら頭の中がスッキリして、すこぶるはかどるようになりました。


わたしのブログ記事の書き方のコツは、チェックリストの上から順番に淡々とこなしていくことです☆


大切なのはひとつひとつの経験でした。
いろんな方法を試して、自分の方法を作っていく。

このリストはわたしのやり方でわかりづらいかもしれません。
でももしあなたが以前のわたしのように

ブログわかんない(涙)

となってるなら、少しでも参考になるところがあればうれしいです。

1行ずつくわしい記事にして、リンクをつけていきます。
更新のペースと順番は未定です(笑)

後半は部分的に、はてなブログ仕様ですが手順はどのサービスでも参考になるかもしれません。

ではどうぞ。

ブログ記事作成 チェックリスト

画像の用意


1.  スマホ「フォト」商品なら開封しながら感想をメモしても。
2.  いらない写真を削除しておくとラク
3.  トリミング調整で明るくするときれい。
4.  PCへダウンロード
5.  展開 →フリーソフト「縮小専用」で480×480にする
6.  載せたくない部分を塗りつぶして消す
7.  画像をデスクトップへ移動
8.  「インクスケープ」アイキャッチつくる。明るめに。
9.  英字とハイフンで保存アンダーバーNG。htmlでは数字になる。
10.   動画あれば YOU TUBE にアップ 

文章


☆タイピングは、
ゆっくりはやく。ゆっくりが結局はやい。

☆下書き中はこまめに保存。「ctrl」+「s」のショートカットも使える。

1.  タイトルをつける。あとでもいい。SEO
2.  本文を書く
    ①読者像に向けて
    ②写真も見ながら伝えたいことを書く
     (1)書き出し
     (2)本文
     (3)〆の言葉    
3.  見出しにキーワードを入れる SEO


1.  アイキャッチ入れる。表示のためキーワード2~3語入れたキャプションとalt SEO
2.  見出しを設定 h1 h2 h3 SEO
3.  目次つける
4.  画像入れる。キャプションとalt
5.  キーワードと大切なとこを 太字 わたしは〇→ピンク △→水色

6.  リンク切れしにくい広告を貼る。上中下に。画像・テキストリンク・楽天検索結果・アマゾン検索結果・バナー。時には天(Rマーク)・アマゾン検索ウィジェットも。
         
  
7.     広告に、安心感を与えるマイクロコピーをつける。テキストリンクもつける。SEO 

8.  外部リンクあればつける。テキストなど。
9.  内部リンクあればつける。回遊率。

10.   声に出して読み、誤字・脱字をなおす。
11.     表示に時間かかるので、だいたいでOK。リライト、追記していく。

12. 【カテゴリ】
13. 【カスタムURL】
14. 【アイキャッチ選択】
15. 【記事の概要】 
16. 【高度なタイトル】
   〈ページのタイトル〉スマホのタブ、PCブラウザタブ、ウインドウ名になる。
   〈SNSのタイトル〉スマホとPCのツイッタタイトル、GOOGLE画像検索のタイトルになる。

17.  公開

18.  PC表示チェック
19.  スマホ表示チェック
20.  広告とアンカーテキストのリンクチェック
21.  修正

22.  サーチコンソールでURL検査(公開URLテスト)→インデックス登録リクエスト
23.  サイトマップ送信 sitemap.xml

24.  (するなら) ツイッタシェア #はてなブログ #○○ のタグ付け

TEA TIME


紅茶とピンクの花

このリストを書き上げたとき「これでもう大丈夫」と安心しました。
印刷して使ってみたら、途中で家事をしても「次はこれをすればいいのね。」と落ち着いて続きから作業できるようになりました。

もっと自分に合ったリストがあったらなと思った人は、一度作ってみるのもオススメです。

心にゆとりができました。
ストレッチして深呼吸して、お茶休憩を入れながら記事執筆とまいりましょう♪

文が書けない、時間がかかりすぎる、どうにかしたい…という人に読んでもらいたい記事です。
www.makuno.work