まくらにノート

まくらもとにノートを置いといて、思いついたら書き留めて、くらいの気持ちで始めた雑記ブログ。お役に立てそうなことや、日々感動したことなどをつづりたいです。ネットで買い物する事が多いので、商品を使った感想なども載せていきたいです。2019、Just motherな毎日にブログをプラス。 ツボ押しとスロージョギングとヨガと活元運動が好きな40代。

動画も♪理想のお札入れが見つからないので、ちりめんと画用紙のジャバラでで手作りしたら素敵にできて大満足。

ちりめんの手作り札入れと小銭入れ

ちりめんの手作り札入れと小銭入れ

たいせつな物を入れて、毎日持ち歩くお財布は気にいったものを選びたいですよね。
理想のお財布探しから、手作りお札入れの完成、その後を紹介します。
この記事には詳しい作り方は載っていませんが、とっても詳しい参考サイトへのリンクはあります。小銭入れについても載っていず、また別に記事を書きたいと思っています。

 完成形の動画

よろしければ動画をどうぞ。
ジャバラがパカりんと開く具合などが見れます(笑)
けっこう開きますよ~。


手作りちりめん蛇腹の長財布を開いたり閉じたり。

 わたしの求めていたお財布

ある本で、お札と小銭入れは別に持った方がいいと読んで試してみたいと思いました。それと、同じ素材で作られた札入れ小銭入れお揃いで持ち歩いているミュージシャンの写真を見て素敵だなと思ったのもあり、真似してみることにしました。

理想のお札入れは…

・お札を折らないで入れられる
・千円札、五千円札、一万円札を分けて入れられる
しきりが多い
・閉じるのがファスナーではない。ボタンはいい。
・きれいな和柄

なのですが、すべての条件を兼ねている長財布や札入れは、なかなかお店でもネットショップでも見つかりませんでした。ハンドメイドのサイトとかなら見つかるのかも…。そこまでは探しませんでした。

見つからない理由

・和柄の札入れは3種類のお札を別々に入れられるタイプが少ない
・長財布はラウンドファスナー型が多い。薬を入れて持ち歩くので、いざという時にファスナーが引っかかったりして開かなくなったら困るから選らばない。
・市販で和柄で可愛いと思うのは、小銭入れやお札を2つに折って入れるタイプはあるが、札入れや長財布はあまりない (個人の見解です)

売っていないなら、つくろう。

ないものはつくればいい、と思って生きてます(笑)
お札入れも作ってしまおうと思いました。

材料を集めた

くるむ部分

・気に入った柄のちりめん
・それにあう無地の裏地
・しっかりさせるための接着芯
ゴム
ミシン糸

蛇腹の部分

画用紙
マスキングテープ
のり
ボンド

参考にした作り方

制作当時は、ブログをはじめようかな、と購入するパソコンを探していた頃で、記事にすることなどてんで考えていなかったので、作っている行程の写真撮影はしていませんでした。

参考にしたサイトはこちらです。

素敵な手作りレシートホルダーを紹介されています。立体にする折込みのしかたや、ゴムで止める方法などとてもわかりやすいです。

STUDIO PACOT

studiopacot.com

私は、まわりは紙ではなくてちりめんの布で作ったので、接着芯をつけてミシンで縫いました。

蛇腹の部分は、思い通りの色と大きさの封筒が見つからなかったので、色画用紙マスキングテープで作りました。

ゴムは髪を結わく用のを三つ編みにしてからつけてみました。

参考までに、次に色柄ちがいで作ろうと思っている「蛇腹のカード入れ」の材料と道具の写真です。

紺色の表布とピンクの裏布

表布と裏布

画用紙と布と接着芯と定規と工作マットとカッターとボンドとマスキングテープ

工作、文房具、大好き。

完成

写真もなく作り方も詳しく載せられなかったのですが、この記事を読んでくださる方々の中には、もしかしたらたぶんきっと「ハンドメイドが好き」で、興味があれば工夫されて、きっともっと上手に、きっともっときれいに作ってしまえる方も多いのではないか…などと想像しています…。
ですので、いきなり、完成の写真を紹介します(笑)

完成して蛇腹を開いている手作りちりめんの長財布

手作りちりめん蛇腹の長財布、完成!

長財布のゴムをはずした裏側

ゴムをはずして、裏側はこんな感じです。

小銭入れと並べておいた長財布

小銭入れと並んで大きさ比べ

使用してみての感想

蛇腹の仕切りは8個にしました。実際に入れているものを手前から紹介します。

・金運アップの神様のカード
千円札
五千円札
一万円札
よく行くお店のカード
診察券など
・タクシーや緊急連絡先のメモ


これらがそれぞれ種類別にすっきりと分けて入れられて、使いやすいです。
レジで小銭入れと両方出す手間はありますが、もともと別にしたくて作ったので私は問題ありません。

バッグの中やテーブルの上なんかに何気なく置いてあるのが目に入った時に、明るくて美しくて目の保養にもなってます。

テーブルの上になにげなく重ねて置かれた長財布と小銭入れ

お部屋も明るくなるくらい、和柄の美しさが引き立っています。

評判

たくさんの人の目に触れるものではないのでなんとも言えないのですが、母に
「作ったんだ。」
と見せると、とてもほめてくれました。

世界にひとつだね!すごくきれい、すごくいい!」と。
母の誕生日が近かったので、
「プレゼント、何がいい?」

ときくと、
そのお財布。」と言いました。

嬉しかったです
ただ、その時作る時間と余力がなかったのと、小銭入れもあった方がいいんじゃないかと思い、プレゼントのお財布はこちらを購入しました。

やはり和柄のお財布は美しさが目立つようで、
お店のレジで
「そのお財布、素敵ですね!」
と声をかけられたそうです。

ちなみに私のお財布は、まだ声を掛けられたことはありません…。

小銭入れと共に手に持って出したり入れたりしてるんですが…レジの方も忙しいですものね。
いいんです…自分が気に入っていれば、いいんです(#^^#)