まくらにノート

らく家事で生まれたスキマ時間でカラダとココロを整えて、睡眠と休息も大切にするアフィリエイト主婦の雑記ブログ。

ブログはじめて1年以上書けなかった

はじめて1年以上 書けなかった

ここにいます ブログ書けなかった人

こんにちは、ブログ歴1年9か月のノートです。
やっと自分なりに記事を書けるようになってきました。やりたいことに頭と手がついてくる感じです。

試行錯誤の連続、パソコンとにらめっこ。それも楽しめるタイプなので続いてるとは思います。でも思うように書けなくて、もームリだ…という日々もありました。1記事に日にちがかかりすぎてツラかった…

どんなふうに書けなかったか、スラスラ書けるようになるまで道のりを振り返ります。
もし今いきづまってるなら、自分だけじゃないと思えるかも。

ブログにかかる時間

みじかい記事に1週間以上かかってました。

さいきん

1000字で1時間半、1500字で2時間くらい。 
家事とか育児しながら半日~2日でアップする感じ。わたしにとってはすごく早くなりました。
はてなブログはじめて1年9ヶ月、やっとここまできた…ウゥ…(涙)

目標

もっとちぢまる気がしてます。ラフでもありながら充実してる記事を1時間くらいで書けるようになりたいです。

公開した記事を書きなおす日々

はじめての投稿は2019年1月で短い文でした。
そのあと1000字以上も書くようになり、1つの記事に1〜2週間は当たり前。
やっと公開しても同じ記事を何日も書きなおしました。

 アイキャッチをなおしつづける
● 文がカタい
● 順番がヘン
● モレありダブりあり
● 文節、修飾語もヘン
● 自分でも読みづらい
● 広告はコレでいいの?

伝わるのかな?
最後まで読むだろーか?
次もきっと何日も書きなおす…
なおしつづける記事をふやしても…と30記事で止まってしまいました。

つ…つかれた…
書けない…

2019年8月18日の投稿を最後に4か月のブランクに入ります。

30記事で止まって気づいた

いざ

いま時間できた、ブログ書こ。


と思っても、何からすればいいのか分からないんです。
画像のことだけでもいっぱいいっぱい。スマホとPCであーしてこーして、あっちはあーなってるからこっちをこーしておいて…と作業するけどそんなに進まない。

どこまでいったっけ?
何をどうすればいいんだろう?
今なにをすれば?

順番は?


順番がわからないんだ。記事を書く手順をまとめたリストがいる。
と気づきました。
100記事はかくぞ! と思ってたので、ここでじっくり書き方を身につけようと、撮影からインデックス登録リクエストまでチェックリストにしました。

途中でこっちのがいいかな? と思ったら試してリストも改善。
そのチェックリストを淡々とこなしていく。わたしはこの方法が合ってるみたいです。
気になる方は見てみてくださいね。

上位表示も増えてアフィリエイトの報酬もポツポツと発生してきて、わたしなりの書き方がわかってきたので「ブログの作り方」カテゴリを作りました。役立ちそうな小技を紹介していけたらと思います。

本でインプット

枯渇してる状態だったので本をたくさん読みました。いくつか紹介します。

ブログをはじめる時に買いました。やさしく背中を押してくれてわかりやすい。久しぶりに見ると発見・答えもあって何度も見なおしてます。


ちょっとした言葉のたいせつさがわかりました。

ブログ用のノートの書き方でマネしてます。

サイトの設計とかなるほどと思いました。

話しことばでアウトプット

リスト作って本も読んで、それからはていねいにスピードや記事数は気にせず書きつづけました。
いちばん気をつけたのはこれです。

はなしことばで書くこと


読みやすく内容が入ってきやすいからです。
とにかく話しことばでわかりやすく書くことを意識しました。
そのうちこんないい変化がおこってきました。

 書いてるとき迷わなくなった
 判断力がついた
 作業がすすむので苦痛じゃなくなった
 しぜんなじぶんの言葉が出てくるようになった
 公開後の書きなおしが9割以上へった
 はてなスターがつくようになった
 広告がクリックされるようになった
 初報酬があった

あれ? 書けるかも…と思いはじめました。

ブログは慣れると早く書ける

自分なりの経験の積み重ねでやっと慣れてきました。
書きたいのに書けない気持ちは、ほんとにとってもよくわかります。
そんなときは休んだり気分転換、充電もいいと思います。わたしも記事を書かずインプットの4ヶ月がありました。

いまは少しずつ記事がふえてくブログがかわいくなってきました。
ムリなく楽しみながらニコニコペースで続けたいです。
これを読んで、書けないのは自分だけではないと思ってくれた人がいたらうれしいです。